FC2 Blog Ranking
2012-12-31

【10大ニュース】1位 逸走、雪辱、惜敗…オルフェに一喜一憂

 恒例のスポニチ選定「12年中央競馬10大ニュース」をお届けする。今年はジャパンCで死闘を演じた2頭の3冠馬が、年間を通じて名(迷!?)勝負を展開。騎手では若手が台頭する一方で、ベテラン勢も意地を見せた。あなたの心に残る出来事はランクインしたでしょうか。

 12年は良くも悪くもオルフェーヴルの年だった。前年にクラシック3冠+有馬記念を制した現役最強馬が、今年初戦に選んだのは3月の阪神大賞典。1周目のスタンド前で折り合いを欠き、1角で我慢しきれず先頭に立った。迎えた2度目の3角で外ラチに向かって大きく逸走。後続馬に次々と追い抜かれ、後方に取り残される形に。勝利が絶望と思われた位置から立て直し、直線で再びエンジン全開。最後はさすがに脚色が鈍ったが、勝ったギュスターヴクライに半馬身差まで詰め寄った。ファンの度肝を抜いた常識破りのレースぶり。あらためてオルフェの底知れぬ強さを思い知らされたシーンだった。

 調教再審査をクリアして臨んだ天皇賞・春では見せ場すらつくれず11着惨敗。続く宝塚記念では汚名返上とばかり、直線一気の末脚でG1・5勝目を挙げた。秋はフランスに遠征。前哨戦のフォワ賞を勝って挑んだ凱旋門賞は、直線半ばで後続に3馬身差をつけて抜け出した。誰もが日本の悲願を成し遂げた。そう思った瞬間、内ラチ沿いにヨレて失速。伏兵ソレミアに差し切りを許した。帰国初戦のジャパンCは、直線でジェンティルドンナと馬体をぶつけ合いながらの一騎打ち。2着に敗れはしたが、競馬史上に残る名勝負となった。

 引退の噂もあったが、来季も現役続行が発表され、再び凱旋門賞に挑む。勝っても負けても常に話題を提供し続ける希代のスーパーホース。来年はどんな走りでファンを楽しませてくれるのだろうか。
ソースはYAHOO


ちなみに
2位は「【10大ニュース】2位 ジェンティル牝馬3冠、JCも獲った!」
3位は「【10大ニュース】3位 武豊2年ぶりのG1 完全制覇に王手」
スポンサーサイト

theme : 競馬
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2012-12-31

ジェンティルドンナ、凱旋門賞参戦を表明…世界最高峰でオルフェーヴルと再戦へ

 牝馬3冠とジャパンCを制した4冠馬のジェンティルドンナ(牝3歳、栗東・石坂)が、凱旋門賞・仏G1(10月6日・ロンシャン、芝2400メートル)を2013年の最大目標にすることが30日、分かった。ジャパンCで鼻差の死闘を演じたオルフェーヴルも同レースへの再挑戦を表明しており、世界最高峰の舞台で両馬の再戦が実現する。

 現役最強牝馬のジェンティルドンナが、世界最高峰の舞台に参戦する。69年のスピードシンボリを皮切りに、延べ14頭の日本馬が臨んだ凱旋門賞。過去3度の2着が最高で、欧州調教馬以外は未勝利という果てしなく高い壁に、日本の牝馬として初めて挑戦する。石坂師は「まずは凱旋門賞が基本。そこからの逆算になるでしょうね。来年はそれが最大の目標になります」と明言した。

 今年の凱旋門賞で2着と惜敗し、ジャパンCでマッチレースを演じたオルフェーヴルも、既に同レースへの再挑戦を表明。競馬ファンが再戦を望む牡牝3冠馬の“夢対決”が、今度は世界一を決めるレースで実現する。2頭の3冠馬による参戦は日本史上初となる。

 現在は滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧中。始動戦は未定で「2月には帰厩する」と石坂師。ドバイ国際競走(3月30日・UAEメイダン)のシーマクラシック(芝2410メートル)とデューティーフリー(芝1800メートル)にも登録して、参戦するプランもあり、今後はスケジュールを詰めていく。

 06年の父ディープインパクト(3位入線も失格)も実現できなかった世界一の夢。その遺伝子を受け継いだ娘が、世界の強豪を打ち破って新たな歴史の扉を開く。
ソースはYAHOO

theme : 競馬
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2012-12-31

2012年の競馬界 有馬で祖父の雪辱を果たした芦毛馬

 12月23日に開催された第57回有馬記念(GI)。例年は中央競馬の1年納めの大一番…となるところが、2012年は天皇誕生日の振替休日も重なって、翌24日にも中山、阪神競馬が開催されたことで、どこかノスタルジーの欠ける有馬記念になってしまった気がする。

 単勝2番人気のルーラーシップがゲートが開く直前に立ち上がり、大きく出遅れた。馬券を当てたい一心で1番人気のゴールドシップとの馬単で勝負した当方としては、レースの前に「終わった」。

 レースは「スタートは僕が乗った中で一番悪かった」と手綱を取った内田騎手が嘆いたようにゴールドシップも出遅れた。仕方なく「いつも通り」に後方からのレースを選択。小回りコースの中山2500メートル戦ではコーナーを6回曲がる。内田は「最初の4つのカーブでロスしない」ことを心掛けて追走。スタミナを温存すると、ゴールドシップの持ち味である長く良い脚を使える特性を生かし、3コーナーから早くもスパート。「最後の4コーナーで外を回っても仕方ない」つもりが、予想に反して「意外に大外を回らされた」。それでも三冠馬オルフェーヴルと同じ血脈。「十分に手応えはあった」と感じた通り、上がり3ハロンは最も速い34秒9と良馬場ながら水分を含んだ馬場を力強く駆け抜け、2着に1馬身2分の1ながら着差以上の強さをみせた。

 凱旋門賞2着のオルフェーヴル、ジャパンカップでオルフェに競り勝った3冠牝馬ジェンティルドンナが回避したことで、“最強馬”の称号は13年シーズンに持ち越しの感は残った。それは須貝調教師も十二分に心得ていたのか。「今後は(有馬記念を勝った)期待を背負って競馬をしないといけないので、今回が始まりかなと思う」と話した。内田騎手は「今後の夢が膨らむ」と期待感は募る。

 一方、1997年の4兆円を頂点に14年連続で下落し続けた日本中央競馬会(JRA)の総売り上げは12年に2兆3943億885万6700円と対前年比104・4%といったん持ち直し、前年を上回った。しかし、10年と比べて98%の水準にとどまった。東日本大震災に伴う減少分を回復したに過ぎないという見方をJRAもしている。前年より2・9%増の売り上げとなったGIだが、阪神JFは100億円を割り込み、同89・6%。ゴールドシップが勝った菊花賞も88・3%に低迷した。

 馬券購入を促す魅力ある番組編成に、新規参入者を競馬に誘う新種馬券の販売…。昨年導入されたWIN5を目的とした新規会員申し込みは前年の30万人から20万人と、一昨年並みの水準に落ち着いた。「既存のファン層に1つの馬券として定着している」との見方の一方、平均売り上げも8億~9億円と売り上げへの貢献度をもっと上げたいところだ。

 12年に実施された祝日を含めた3日間開催などは馬券購入機会を増やして良い試みだっただろう。さらにはファンにアピールできる馬の出走、多頭数で魅力あるレースの創出などが待たれる。景気の低迷でギャンブルなどへ出資する可処分所得が目減りしているのは事実。「斜陽産業」との酷評もある。

 有馬記念で芦毛の馬体の馬が勝ったのは、1988、90年のオグリキャップ以来。母の父メジロマックイーンは91年の有馬でダイユウサクに差し切られて2着に敗れていた。内田は「雪辱を晴らせた気がする」と語り、「競馬のロマンを知ってもらいたい」とアピールした。競馬の魅力の一端を見た気がした。
ソースはYAHOO


馬券の売り上げもこのまま下げ止まってくれるといいですね。
芦毛は見た目にも分かりやすいですし、ゴールドシップが国民的なヒーローになる日を楽しみにしています。

theme : 競馬
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2012-12-30

ジェンティルドンナ、ドバイ挑戦へ…来春にも実現

 今年の牝馬3冠とジャパンCを制したジェンティルドンナ(栗東・石坂、牝3)が、来春のドバイ国際競走に遠征する可能性が出てきた。その場合はドバイシーマクラシック(3月30日、ドバイ・メイダン競馬場、GI、芝2410メートル)が濃厚で、ワールドカップ(オールウエザー2000メートル)には登録もしないもようだ。

 ジェンティルドンナは現在、栗東近くのノーザンファームしがらきで調整。来年の始動戦は未定だが、ジャパンC(11月25日)から間隔が開いていることからもドバイ遠征前に国内で一戦するのが濃厚。京都記念(2月10日、京都、GII、芝2200メートル)あたりが有力だ。ジェンティルドンナはジャパンC優勝後に石坂調教師が来年の海外挑戦を明言。順調に体調が整えば、来春に実現する。
ソースはYAHOO

theme : 競馬
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2012-12-30

岩田で雪辱、ローマンレジェンドが初GI制覇/東京大賞典

 29日、大井競馬場で第58回東京大賞典(3歳上・ダ2000m・GI・1着賞金7000万円)が行われ、道中中団に待機していた岩田康誠騎手騎乗の2番人気ローマンレジェンド(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)が3コーナー手前から気合を付けられながら徐々に前へと進出を開始。最終4コーナーで外から2番手に浮上してくると、残り200mからはさらに外から脚を伸ばしてきた1番人気ワンダーアキュート(牡6、栗東・佐藤正雄厩舎)との激しい叩き合いとなり、残り100mで完全に振り切ったローマンレジェンドが、ゴール前最内をすくって急浮上してきた3番人気ハタノヴァンクール(牡3、栗東・昆貢厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分5秒9(重)。

 ゴール寸前で交される形になったワンダーアキュートは、さらにアタマ差の3着。さらに大きく開いた4着に7番人気ナムラタイタン(牡6、栗東・大橋勇樹厩舎)、4番人気エスポワールシチー(牡7、栗東・安達昭夫厩舎)が5着で確定。

 なお、これが引退レースとなった、船橋、そして南関東競馬の英雄・5番人気フリオーソ(牡8、船橋・川島正行厩舎)は逃げてレースを引っ張るも6着、同じく現役を退く9番人気ボンネビルレコード(牡10、大井・庄子連兵厩舎)は9着にそれぞれ敗れている。

 勝ったローマンレジェンドは、父スペシャルウィーク、母パーソナルレジェンド、その父Awesome Againという血統。

 前走JCダートでは、急きょの鞍上交代が結果的に大きく響く形での4着(1番人気)に敗退。年の瀬の大井に場所を移しての再戦模様となった今回は、エルムS・みやこSなど今年6勝を挙げた主戦・岩田騎手に戻った雪辱戦。これを早めの進出から見事に制してみせ、嬉しいGI初優勝。ダート11戦目にしてはや9勝目となり、来年の砂路線の主役を再アピールする勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ローマンレジェンド(牡4)
厩舎:栗東・藤原英昭
父:スペシャルウィーク
母:パーソナルレジェンド
母父:Awesome Again
馬主:太田美實
生産者:社台ファーム
通算成績:13戦9勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:12年みやこS(GIII)
ソースはYAHOO



あっという間に成長したものです。

theme : 競馬
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

Amazon アソシエイト

総訪問者数
プロフィール

智之

Author:智之
【駅弁大学理系院卒のデジタル競馬】
好きな馬券:馬連
馬券生活者の道へようこそ!
「怠惰を求めて勤勉に行き着く」そんな血統論者の熱き戦いのブログです。

【基本的な買い方】
馬連:◎・○・△・☆のBOX
※ただし、◎からの買い目は厚め

大系統ごとの色分け表と種牡馬評価一覧
系統の色分け ↓血統攻略の種牡馬まとめ 20130414種牡馬評価まとめ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
天気予報
リンク
相互リンクしていただける方を大募集しています!
相互リンクをご希望の方はトップページにリンクを貼ってからこちらのコメント欄にてご連絡下さい。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
万馬券的中証明書
2016年 4/23 福島牝馬ステークス 0423万馬券証明書
2016年 3/20 中山8R 0320 万馬券証明書
2015年 5/31 京都2R 20150531 万馬券証明書
2015年 1/10 中山12R 20150110 中山12R 馬単万馬券
2013年 12/1 中山12R 2013 1201中山12R 馬連 万馬券証明書
2013年 白河特別 2013 白河特別 馬単 万馬券証明書
2013年 福島民友カップ 20130428 福島民友カップ 万馬券証明書
2013年 雪うさぎ賞 2013 雪うさぎ賞 万馬券証明書
2013年 周防灘特別 2013 小倉12R 2-24 万馬券証明書
2013年 伊吹山特別 2013伊吹山特別 馬連万馬券
2013年 逢坂山特別 2013逢坂山特別 馬連 万馬券
2012年 毎日王冠 万馬券証明書 毎日王冠2012
2012年 小倉大賞典 万馬券証明書 小倉大賞典2012
2011年 マイルCS 万馬券証明書 マイルCS2011
2011年 秋華賞 万馬券証明書 秋華賞2011
20130414種牡馬評価まとめ