FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
2013-12-27

【大井・東京大賞典】ホッコータルマエ 追い出し我慢で一気差しだ!

 13年の競馬を締めくくるダートG1「第59回東京大賞典」(29日、大井)の追い切りが26日、栗東トレセンで行われた。今年G1・3勝のホッコータルマエが坂路で“我慢”を利かせる調教。完璧な折り合いと追われてから抜群の反応を見せ、仕上がりの良さをアピールした。

 最終追いの意図はハッキリしていた。ホッコータルマエは坂路でアクアブルーウェイ(4歳1000万)の真後ろを追走。残り1Fを切るまで我慢して、鞍上がゴーサインを送ると一気にギアチェンジ。グッと反応して、ゴール手前で抜け出した。4F54秒6~12秒3の頭差先着。幸の表情は晴れ晴れとしていた。

 「僕のなかで理想の追い切りができました。相手がうまく先導してくれたし、抜け出すときの反応も凄く良かったですね。前走も状態は良かったですが、今回もいいです」

 前走JCダートの敗因について、鞍上は「抜け出すのが早くてソラを使ってしまった」と分析。直線先頭に立ったが、後方からベルシャザール、ワンダーアキュートの強襲に屈して3着に敗れた。決して力負けではない。その内容を踏まえて、タルマエに追い出しをギリギリまで我慢させることを覚えさせる調教。成果は十分。逆襲に向けて手応えをつかんだ。

 今年はダートG1・3勝。13年度のJRA賞最優秀ダートホースの最有力候補には違いないが、今回の結果次第ではまだ分からない。「前回勝てれば確実だったんでしょうけどね。今回もいつも戦ってきたメンバーですし、きっちり結果を出したい」と幸は必勝の構え。西浦師も「今年(帝王賞で)勝っているコース。何も不安材料はないし、使いつつ力を付けているからね」と語り、信頼は揺るがない。

 来春はドバイ遠征(3月29日、メイダン)を最大目標に据えている。トレーナーは「ワールドCを目標にしたい。スピードもあるし、どんな競馬でもできるからね。まだまだ強くなっていく馬」と力を込めた。世界の強豪相手にぶつかっていくために、まず国内最強を示したい。今年ダート重賞6勝と躍進した4歳馬がいま一度、暮れの大井で勢いを取り戻す。
ソースはYAHOO


今年最後の無念を晴らすチャンスか!?
オッズが付くなら参戦したいですが、希望通りにはいかないでしょうね。

theme : 競馬情報
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2013-12-25

有馬記念のオルフェーヴルは生涯で一番強かった

【有馬記念:私たちはこう見た】

渡辺薫(東京スポーツ・馬匠予想):有馬記念ファン投票で10位以内にランクされていたのはオルフェーヴル(1位)とゴールドシップ(3位)だけ。グランプリにしては寂しいメンバー構成だけに差が開いたのは当然だが…。03年シンボリクリスエスの9馬身差に次ぐ8馬身差には恐れ入った。今回がラストランだったが、精神面、体力面双方でオルフェーヴルは今、一番充実しているかもしれないな。

 柏木集保(競馬評論家、日刊競馬):まさに最大の懸念材料がその点でした。昨年と同じ2着でも今年の凱旋門賞は「ただ走っていただけ」といった見せ場のない内容。これが能力的な陰りによるものなら付け入る隙もあると思ったのですが…。オルフェーヴル派にとっては申し分ない大団円でアンチにとっては立つ瀬がありません。逸走したりとか、もともと意外性というか“怪しさ”がこの馬のキャラでしたが、最後の最後で強烈な形でらしさを発揮してくれましたね。

 渡辺:終わってみれば海外遠征もいい経験になったのだろう。それに日曜(22日)は1鞍だけの騎乗で、この一戦に懸けていた池添の騎乗も立派だった。前半から折り合いはぴったり、まくりに出るタイミングもどんぴしゃだった。よくプレッシャーに打ち勝ったもんだ。

 柏木:例年と比べると2500メートルで2秒ほど時計がかかる馬場状態を考慮すると、よどみのない流れと言えます。能力差が結果に出やすい展開も圧勝の要因でしょう。これでウインバリアシオンとのワンツーは4回目(過去にダービー、神戸新聞杯、菊花賞)ですが、8馬身差はもちろん最大。今回が生涯を通じて一番強い勝ちっぷりでした。

 渡辺:そのウインバリアシオンも離されたとはいえ、坂上から伸びていたし、よく頑張っている。反動がないようなら来年は主役を張れそうだ。

 柏木:長期休養明けを好走した直後で、難しいローテーションだっただけに褒めていいでしょう。この馬と今回は不参戦だったジェンティルドンナ、フェノーメノ、キズナ、エピファネイアあたりで来年の競馬を盛り上げてほしいものです。

 渡辺:問題は3着と格好はつけたゴールドシップの評価。JCが終わった時点で有馬は“抜け”と決めていた。能力で4着以下には差をつけたが、まだ半信半疑が正直なところだ。

 柏木:不振は体調面ではなく精神面によるものだけにアテにはしにくいですね。今回は一応、矯正されていたと見ていいでしょう。しかし馬場状態、展開ともにぴったりでこの着差は物足りません。明けて5歳。まだまだ頑張ってもらわないと困ります。

 渡辺:福島記念で◎にしたラブイズブーシェ(当時3着)が、武豊の腕もあり4着に健闘した。この馬に負けた組は“G?レベル”と言わざるを得ない。

 柏木:はい。トップクラスが集まるG?でこれだけ勝者と敗者のコントラストがはっきりするのも珍しいですね。

 渡辺:繰り返すがオルフェーヴルの強さだけが際立ったレースだった。これからは種牡馬として頑張ってもらいたいな。

 柏木:ディープインパクト、そしてその子供たちばかりが存在感を増す中で“ステイゴールド系”を確立してくれそうな予感もします。
ソースはYAHOO


来年の主役はウインバリアシオンになるのでしょうか。なんとなくこういうタイプは新興勢力に負けて花咲かせず終わってしまうイメージが有ります。

theme : 競馬情報
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2013-12-24

福永2冠「最多勝利」&「最多賞金」 初の全G1騎乗も達成

 23日にJRAの2013年の全日程が終了した。JRA最多勝利騎手は131勝を挙げた福永祐一(37=栗東)。同時に最多賞金獲得騎手となり、JRA2冠を達成。自身初の牡馬クラシックを制覇(菊花賞=エピファネイア)、プライベートでも元フジテレビアナウンサー松尾翠さんと結婚。来年はパパとなり、公私ともに充実の年となった。

 福永は「リーディングとともに目標としていた最多獲得賞金のタイトルを取れたことがうれしい。毎年一つのテーマとして掲げていた年間の全GIレース騎乗も初めて達成できました」と喜びを語った。

 なお、最高勝率騎手は16・6%の川田将雅(28=栗東)が獲得した。

 リーディングトレーナー部門は56勝を挙げた角居勝彦調教師(49=栗東)が輝いた。11年に次ぐ2回目で、同師は「良い馬と巡り合うことができました。オーナーをはじめとするみなさんに感謝しています」とコメントした。
ソースはYAHOO


公私ともに充実した一年の福永騎手。今後は穴馬も持ってこれる騎手として期待したいと思います。

theme : 競馬情報
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2013-12-23

今週の回顧(有馬記念、阪神カップ、ラジオNIKKEI杯2歳S、中山大障害)

【有馬記念】

圧巻のオルフェーブルの8馬身差で引退レースに花を飾りました。
言葉は要らない、レースを見てくれ。ただそれだけが言いたくなるレース。
惜しむらくはウインバリアシオンのG1でオルフェーヴルの2着が3度めという点か。同期に恵まれなかった例ですね。


【阪神カップ】

終わってみれば行った行ったのレース。ガルボとの競り合いを制したリアルインパクトは安田記念以来の2年半ぶり勝利となりました。ここまで馬場が悪くなってくるとどこを通っても早い脚が使えず前で粘れるタイプが有利になるのか、というレースでした。


【ラジオNIKKEI杯2歳ステークス】

毎年クラシック候補が出走しますが、今年はメンバーが振るわず混戦でした。ワンアンドオンリーが鮮やかな差しきり勝ちを収めました。来年のクラシックは牝馬路線はレベルが高く、牡馬路線はイマイチということになりそうですね。


【中山大障害】

メルシーエイタイムの落馬から始まったレース。終わってみれば他に障害で中止になる馬もおらず無事完走しました。アポロマーベリックも8馬身差で圧勝でした。次の障害戦線を引っ張る馬になるのでしょうか。

theme : 競馬の予想結果
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2013-12-23

阪神カップ(GII) ◎サダムパテック

マイルCS組は着外からの巻き返しが期待できる。
スワンステークス組は差して届かなかった馬が狙い目。

今の阪神は極端に前からも後ろからも行くタイプは馬券に絡みにくい。
中団でじっくり脚をためるタイプを狙いたい。

【予想印】 オススメ度 60
◎ 8 サダムパテック
◯ 14 ガルボ
▲ 1 ラトルスネーク
☓ 7 クラレント

theme : 中央競馬重賞予想
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

Amazon アソシエイト

総訪問者数
プロフィール

智之

Author:智之
【駅弁大学理系院卒のデジタル競馬】
好きな馬券:馬連
馬券生活者の道へようこそ!
「怠惰を求めて勤勉に行き着く」そんな血統論者の熱き戦いのブログです。

【基本的な買い方】
馬連:◎・○・△・☆のBOX
※ただし、◎からの買い目は厚め

大系統ごとの色分け表と種牡馬評価一覧
系統の色分け ↓血統攻略の種牡馬まとめ 20130414種牡馬評価まとめ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
天気予報
リンク
相互リンクしていただける方を大募集しています!
相互リンクをご希望の方はトップページにリンクを貼ってからこちらのコメント欄にてご連絡下さい。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
万馬券的中証明書
2016年 4/23 福島牝馬ステークス 0423万馬券証明書
2016年 3/20 中山8R 0320 万馬券証明書
2015年 5/31 京都2R 20150531 万馬券証明書
2015年 1/10 中山12R 20150110 中山12R 馬単万馬券
2013年 12/1 中山12R 2013 1201中山12R 馬連 万馬券証明書
2013年 白河特別 2013 白河特別 馬単 万馬券証明書
2013年 福島民友カップ 20130428 福島民友カップ 万馬券証明書
2013年 雪うさぎ賞 2013 雪うさぎ賞 万馬券証明書
2013年 周防灘特別 2013 小倉12R 2-24 万馬券証明書
2013年 伊吹山特別 2013伊吹山特別 馬連万馬券
2013年 逢坂山特別 2013逢坂山特別 馬連 万馬券
2012年 毎日王冠 万馬券証明書 毎日王冠2012
2012年 小倉大賞典 万馬券証明書 小倉大賞典2012
2011年 マイルCS 万馬券証明書 マイルCS2011
2011年 秋華賞 万馬券証明書 秋華賞2011
20130414種牡馬評価まとめ