FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
2015-04-14

ステファノス 香港GI国内最終追い切りで堂々の1馬身先着

 26日に香港で行われるGIクイーン・エリザベスII世C(シャティン競馬場、芝2000メートル)に向けて、ステファノス(牡4・藤原英)が14日、国内最終追い切りを敢行した。

 レースでも騎乗する福永を背に栗東ウッドでシーリーヴェール(古馬500万下)との併せ馬。直線で内に入ると最後は一杯に追われ、6ハロン82・4―65・9―51・8―38・0―11・7秒をマークし、堂々の1馬身先着を果たした。

 福永騎手「バッチリやね。ビシッとやれたし、動きもいいよ。少し寂しがりなところがあるので現地で一頭になってからがどうかだけど、そのへんは遠征に慣れている厩舎だからね」

 16日に関西国際空港から現地に向けて出発する。
ソースはYAHOO


やはり春の古馬中距離路線はG1がなくて海外に活躍の場を求めるしか無いのですかね。
ココらへんが今後の改善点でしょう。
スポンサーサイト



theme : 競馬【話題・ニュース・情報】
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
2015-04-14

【皐月賞】レース展望

 春の中山開催は早くも最終週を迎え、日曜に牡馬クラシック第1弾の皐月賞(18日、GI、芝2000メートル)が行われる。登録19頭中、シャイニングレイとアンビシャスが回避するため、岡部幸雄騎手騎乗のダイナコスモスが勝った1986年(当時はフルゲート22頭で21頭立て)以来、実に29年ぶりにフルゲート(18頭)割れで争われることになった(※)。

 それでもメンバーの質は高い。中でも主力と目されるのはサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎)だ。新馬→GIII東京スポーツ杯2歳S→GII弥生賞と無傷の3連勝。一戦ごとにレースぶりが進化し、馬場状態も問わない。上がり3ハロン33秒台の瞬発力が何とも魅力だ。デビュー戦で468キロだった馬体も、前走時は480キロと成長が顕著。現状でも十分に完成度は高いが、まだ大きな伸びしろも見込める。クリストフ・ルメール騎手との新コンビも魅力たっぷり。桜花賞では注目された無敗馬がいずれも馬券に絡めず完敗したが、こちらは無敗の4連勝で戴冠を目指す。

 サトノクラウンと人気を分け合いそうなのが、フジテレビ賞スプリングSで追い込み届かず2着に終わったリアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎)。早めに抜け出したキタサンブラックをとらえ切れず初黒星を喫したが、ゴール前の脚いろは勝ち馬を大きくしのぐものだった。キズナやアユサン、ラキシスらと同じディープインパクト×Storm Cat牝馬の配合というだけでなく、近親にも世界的な活躍馬が出ている良血馬。反応の良さも抜群で、皐月賞向きという声も少なくない。ディープインパクト産駒初の皐月賞馬となるか、注目だ。

 そのスプリングSを2番手から抜け出して3戦全勝としたのがキタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎)。3、9、5番人気での3連勝で、走っても走っても人気にならないタイプといえる。先週の桜花賞のように、有力馬が牽制(けんせい)し合う展開になれば、前に行ける強みを生かすシーンもあるだろう。ご存じ演歌界の大御所である北島三郎オーナーも中山に駆けつけることを明言しており、新コンビの浜中俊騎手に期待がかかる。

 ドゥラメンテ(美浦・堀宣行厩舎)は未勝利、セントポーリア賞と圧勝して挑んだ前走のGIII共同通信杯で、リアルスティールに半馬身差の2着。当初は賞金的に皐月賞に出られないとみられていたが、賞金上位馬に回避が相次いで出走枠がめぐってきた。3代母ダイナカール、祖母エアグルーヴ、母アドマイヤグルーヴというGI血脈で、スケールの大きさはトップクラス。まだレースぶりが粗削りなうえ、小回りコースも初めてになるためアテにはできないが、僚馬サトノクラウンにとって最も警戒すべき身内の強敵となる。約2カ月ぶりとレース間隔はあいたが、乗り込み量は豊富で仕上がりに心配はない。新たにコンビを組むミルコ・デムーロ騎手は、2003年ネオユニヴァース、04年ダイワメジャー、13年ロゴタイプと皐月賞歴代最多タイの3勝。強力な切り札となる。

 昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプラチナ(美浦・国枝栄厩舎)は休み明けのスプリングSで3着に終わったが、叩いた上積みが見込める今回は変わり身必至。反応の良さや切れ味が武器だけに距離延長が鍵となりそうだが、一昨年のロゴタイプに続く2歳王者のVも十分に考えられる。

 札幌2歳Sの優勝馬ブライトエンブレム(美浦・小島茂之厩舎)は、朝日杯フューチュリティSでは一敗地にまみれたが、距離を延ばした弥生賞で2着と巻き返した。後方から豪快に伸びた末脚はさすがの破壊力で、本番の舞台を経験できたこともプラス。小回りの多頭数で脚質的に馬群をどうさばくかがポイントとなるが、前出の人気馬たちをまとめて負かす可能性を感じさせる良血馬(母は秋華賞馬)だ。

 2走前に今回と同じ中山芝2000メートルの京成杯を勝ったベルーフ(栗東・池江泰寿厩舎)、産駒の活躍が目立つスクリーンヒーローを父に持つミュゼエイリアン(美浦・黒岩陽一厩舎)とグァンチャーレ(栗東・北出成人厩舎)、逃げに徹して3連勝中のスピリッツミノル(栗東・本田優厩舎)、潜在能力が高く大崩れのないクラリティスカイ(栗東・友道康夫厩舎)なども前評判ほどの差は感じられない。

 桜花賞のような波乱が待ち受けているのか、それとも、人気馬がファンの信頼に応えるのか。そして、4着馬までに与えられる日本ダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権争いも見どころのひとつとなる。75回目の皐月賞を制し、2冠、3冠への挑戦権を手にするのは果たして-。

※…1992年、95年、99年は18頭未満で行われているが、いずれも枠順確定後に出走取消馬が出たもの。登録前からフルゲートに満たないのは86年以来
ソースはYAHOO


今の中山の傾向から、後ろから行くディープインパクト産駒を中心とした洋芝血統が良さそう。
リアルスティール、ブライトエンブレムあたりがポイントになるでしょう。

theme : 競馬【話題・ニュース・情報】
genre : ギャンブル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

Amazon アソシエイト

総訪問者数
プロフィール

智之

Author:智之
【駅弁大学理系院卒のデジタル競馬】
好きな馬券:馬連
馬券生活者の道へようこそ!
「怠惰を求めて勤勉に行き着く」そんな血統論者の熱き戦いのブログです。

【基本的な買い方】
馬連:◎・○・△・☆のBOX
※ただし、◎からの買い目は厚め

大系統ごとの色分け表と種牡馬評価一覧
系統の色分け ↓血統攻略の種牡馬まとめ 20130414種牡馬評価まとめ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
天気予報
リンク
相互リンクしていただける方を大募集しています!
相互リンクをご希望の方はトップページにリンクを貼ってからこちらのコメント欄にてご連絡下さい。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
万馬券的中証明書
2016年 4/23 福島牝馬ステークス 0423万馬券証明書
2016年 3/20 中山8R 0320 万馬券証明書
2015年 5/31 京都2R 20150531 万馬券証明書
2015年 1/10 中山12R 20150110 中山12R 馬単万馬券
2013年 12/1 中山12R 2013 1201中山12R 馬連 万馬券証明書
2013年 白河特別 2013 白河特別 馬単 万馬券証明書
2013年 福島民友カップ 20130428 福島民友カップ 万馬券証明書
2013年 雪うさぎ賞 2013 雪うさぎ賞 万馬券証明書
2013年 周防灘特別 2013 小倉12R 2-24 万馬券証明書
2013年 伊吹山特別 2013伊吹山特別 馬連万馬券
2013年 逢坂山特別 2013逢坂山特別 馬連 万馬券
2012年 毎日王冠 万馬券証明書 毎日王冠2012
2012年 小倉大賞典 万馬券証明書 小倉大賞典2012
2011年 マイルCS 万馬券証明書 マイルCS2011
2011年 秋華賞 万馬券証明書 秋華賞2011
20130414種牡馬評価まとめ